ホーム > 運動療法 > のばす運動

のばす運動

わきの下と胸をのばす

床にひざまずき、両手をそろえて前に伸ばし床に置きます。
 おしりをあげ、胸を床に近づけ、そのまま静止します。
 静止しながらゆっくり5つ数えます。
この運動を5回行います。
 ストレッチングは、関節可動域を広げる目的で、筋肉などの組織を伸ばす運動のことをいいます。
 関節可動域とは、対象となる関節が動く範囲のことです。
 運動の前後に行うことが基本ですが、運動前は軽いウォーキングや体操などを行った後のほうがストレッチングの効果は高いと考えられます。
 ストレッチングを過剰に行うことは、より障害を起こしやすいコンディションをつくる可能性もあります。
 快適に感じる適度な範囲で行うように心がけてください。 

股関節をのばす

両足を左右に大きく開いて立ち、背すじを伸ばします。
そして、背すじをのばしたままひざをできるだけ深く曲げ、10秒程静止します。
これを5回繰り返してください。
腰に負担がある場合は、壁に寄りかかって行ってください。
これは、いつでも気軽にできる静的運動療法ひとつです。
静的運動療法とは歩いたり、走ったりなど、体を移動させる動的運動療法と対になる運動で、体を固定して行うものをです。
静的運動療法は押す、引くなど筋肉の収縮を持続させる「等尺性運動療法」と筋肉をくり返し使う「等張性運動療法」の2つがあります。
どちらも筋肉の活性化と強化に有効です。

アキレス腱をのばす

両足を前後に開いて立ち、後足のかかとが浮きそうになるまでひざを曲げ、そのまま静止します。
これを、左右交互に5回繰り返します。
かけっこの前によくやったあの運動です。
その他の運動をする前に行うことで肉ばなれ等の予防効果があります。

胸をのばす

まず、タオルを準備してください。
そのタオルの端を両手で持ち、背中に回します。
ひじをのばしたまま、息をはきながら、腕を後ろに引き上げ静止します。
静止して5つ数えてください。
これを、5回繰り返します。
 ストレッチは息をゆっくり吐きながら行うことがポイントです。
ゆっくり息を吐くことで、体の緊張が緩み、十分にストレッチができます。

ももの裏側と背中をのばす

両足を肩幅に開いて立ち、ひざを少し曲げたまま背中をまるめてひじを床に近づけていきます。
気持ちいいと感じるところで静止します。
静止したまま5つ数えます。
これを、5回繰り返します。
背中をピンと伸ばすのがポイントです。
ももの裏側の筋肉が緊張していることを十分に感じてください。

腰をのばす

右足を左足に交差させて立てます。左手で右ひざを押さえて支点とし、
上体をゆっくり右方向にひねります。
ひねったままで静止させ、5つ数えます。
 交互左右5回ずつ行います。
 腰痛対策にも有効な運動療法です。
腰痛が不安な方は毎日行ってください。
ただし、腰痛がひどい方はゆっくりと行ってください。

ふくらはぎをのばす

左の足の裏にタオルをかけ、息を吐きながら
かかとを突き出すようにして足を上げ、その姿勢から肩を後ろに引いて静止します。
静止した状態で、ゆっくり5つ数えます。
左右交互に5回ずつ行います。
皆さんも是非お試しください。
アクセス

医院写真

■監修医院
速治膏の吉田整骨院
■TEL
0968-72-5415
■FAX
0968-72-5415
■所在地
〒 865-0041
熊本県玉名市伊倉北方310-4
■休診日
日曜日、祝祭日
■駐車場
整骨院前 駐車場 10台
■最寄駅
JR玉名駅より車で7分
■診療時間
午前 08:30~12:30
午後 15:00~19:30
※土曜日の午後は14:00~17:00まで
※午前中は12:00まで、午後は19:30までに受付をしていただけば大丈夫です。 ■診療科目
一般診療 交通事故治療
各種スポーツ障害 労災
骨盤調整 冷え症・自律神経症

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ