ホーム > 運動療法 > ほぐす運動

ほぐす運動

肩こり解消に

両手を頭の後ろで組んだ状態のまま、ひじを下向きに静かに引っ張り、息を吐きながら首と頭を前に倒します。
 両手を頭の後ろで組んだまま、深呼吸する要領です。
 1~3回ゆっくりと深呼吸してください。
 長時間パソコンとにらめっこしていると、やはり肩の血行が悪くなり、肩こりが起りやすくなります。

足の疲れをとる

右ひざを抱え、左もも全体をかかとでこすります。
 こする場所を内側。外側と替え、広い範囲を刺激してください。
 左ももが終わったら、今度は右ももを行ってください。

肩こり解消

背中の下で組んだ両手をゆっくりと上げて、肩の前部と胸を伸ばします。
 息を吸いながら、気持ちいいと感じるところまで上げたら静止します。
静止したら、五つ数えてください。
 これを3回繰り返します。

足先の血行をよくする

イスに座ったまま両足を前に出し、両足首を右と左に大きく回します。
次に足元を上に起こしたり下に下げたりします。
各10回ずつ行ってください。
冷え性にも良い運動療法です。
足元を上下にすることで、腹筋も鍛えられます。

腰痛解消に

まず、あお向けに寝て両ひざを立てます。
そして、両手は左右に開きます。
肩は固定したまま、ゆっくりと両ひざを片側に倒します。
膝は倒した膝と反対方向へ向けます。左右交互にゆっくりと10回ほど繰り返してください。
腰痛は、ひどくなると運動もできなる場合もありますので、日頃の予防のためにもこの運動は続けてみてください。

肩こり解消に

頭の後ろで右ひじを左手でつかみます。そのまま左手で下へ向けてゆっくりと引きます。
相互交互に行います。
肩のこりは、同じ姿勢を長時間続けた時におこりやすくなります。
それは、長時間同じ姿勢を続けることで、肩の筋肉の血行が悪くなるからです。
この運動療法だけで、肩痛が解消される方もいらっしゃいます。

足の疲れをとる

左手で左足首を押さえ、足の指を開いて右手の指と組み(ココがポイント)
ゆっくり足首を回します。左右交互に行います。
冷え性にも効果的
特に、膝関節炎の血行不良に最適な運動療法です。
アクセス

医院写真

■監修医院
速治膏の吉田整骨院
■TEL
0968-72-5415
■FAX
0968-72-5415
■所在地
〒 865-0041
熊本県玉名市伊倉北方310-4
■休診日
日曜日、祝祭日
■駐車場
整骨院前 駐車場 10台
■最寄駅
JR玉名駅より車で7分
■診療時間
午前 08:30~12:30
午後 15:00~19:30
※土曜日の午後は14:00~17:00まで
※午前中は12:00まで、午後は19:30までに受付をしていただけば大丈夫です。 ■診療科目
一般診療 交通事故治療
各種スポーツ障害 労災
骨盤調整 冷え症・自律神経症

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ