速治膏の吉田整骨院 ブログ

2011年6月 9日 木曜日

行政処分

行政処分として事故や責任の重さに応じて運転免許証の取り消し、停止などがある。
人身事故における行政処分では、加害者の過失が少しでも認められた場合、安全運転義務違反(2点)および人身に係る交通事故の付加点数(最低2点)で最低でも合計4点の付加点数が付くこととなる。
なお、人身事故および建造物損壊事故を除く、物損事故の場合は、運転者が行政処分を受けることはない。

投稿者 速治膏の吉田整骨院 | 記事URL

2011年5月 9日 月曜日

民事上の責任

交通事故を含む事故において故意または過失により他人の権利(生命、身体または財産)を侵害した場合、それによって発生した損害を賠償する責任を負う(民法の不法行為原則)。人身事故、建造物損壊事故および物損事故の全てが該当する。
自動車または原動機付自転車の運行により人の生命または身体を侵害した場合には、加害者側で被害者の過失を立証しなければこれによって生じた損害(他人の生命、身体に対するものに限る)についてその責めを負い、重大な賠償責任を負担する事が殆どである。

投稿者 速治膏の吉田整骨院 | 記事URL

2011年4月 5日 火曜日

刑事上の責任

交通事故の定義とは関係なく、車両等の運転者が過失により人を死傷させた場合は、行為の様態に応じて「危険運転致死傷罪」、「自動車運転過失致死傷罪」または「重過失致死傷罪」等に問われ、物を損壊した場合は、「過失建造物損壊」(その他の道路交通法違反)に問われる可能性がある。なお、故意に人の死傷や物の損壊を起こした場合には殺人(未遂)罪を始めとする凶悪犯・粗暴犯とされる。
なお、人身事故および建造物損壊事故を除く、物損事故の場合は、加害者に刑事罰が課されることはない。これは器物を損壊した場合に適用される「器物損壊罪」に過失犯の処罰規定が無いためであるが、原因となった自動車の運転に関して「信号無視」や「一時不停止」などの違反がある場合、物損事故でも道路交通法違反が適用される場合がある。

投稿者 速治膏の吉田整骨院 | 記事URL

2011年3月 8日 火曜日

交通事故の定義

交通事故の定義を定める根拠法令等には、
道路交通法:道路における車両等(自動車、原動機付自転車、自転車などの軽車両、路面電車、トロリーバスの全て)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊(道路交通法第67条第2項)
自動車安全運転センター法:道路交通法第67条第2項に定めるものに道路外で発生したものを含む
自動車損害賠償保障法:自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。(自賠責法第3条)
厚生労働省疾病、傷害及び死因分類:基本分類コードV01-V99などがある。
一般的に「交通事故」といえば道路交通法上の交通事故を指す。

投稿者 速治膏の吉田整骨院 | 記事URL

2011年2月 9日 水曜日

「速治膏の吉田整骨院ブログ」を始めます。

速治膏の吉田整骨院のホームページを開設しました。
これから「速治膏の吉田整骨院ブログ」を始めていきます。
宜しくお願いします。

投稿者 速治膏の吉田整骨院 | 記事URL

カレンダー

2012年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
アクセス

医院写真

■監修医院
速治膏の吉田整骨院
■TEL
0968-72-5415
■FAX
0968-72-5415
■所在地
〒 865-0041
熊本県玉名市伊倉北方310-4
■休診日
日曜日、祝祭日
■駐車場
整骨院前 駐車場 10台
■最寄駅
JR玉名駅より車で7分
■診療時間
午前 08:30~12:30
午後 15:00~19:30
※土曜日の午後は14:00~17:00まで
※午前中は12:00まで、午後は19:30までに受付をしていただけば大丈夫です。 ■診療科目
一般診療 交通事故治療
各種スポーツ障害 労災
骨盤調整 冷え症・自律神経症

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ